看護の質を高めるコミュニケーション講座
山口・下関・オンライン
S.Witchコーチングサロン
学び直しませんか? 質の高い コミュニケーションを。

看護の質を決めるもの。それは・・・

コミュニケーションの質」かもしれません。

コミュニケーションの質と聞いて、あなたはどんなコミュニケーションを思い浮かべましたか?

多くの人が、コミュニケーションと聞くと、傾聴や伝え方といった対患者さんや、対スタッフ、対他職種など「対人」とのコミュニケーションを思い浮かべるかもしれませんが、実はコミュニケーションには大きく分けて2つあります。

それは、対自分とのコミュニケーションと対人とのコミュニケーション

対人とのコミュニケーションの前に、人は必ず自分とコミュニケーションをとっています。

コミュニケーションの質と高めるポイントは、対自分とのコミュニケーションかもしれません。

あなたは普段、自分とどんなコミュニケーションをしていますか?

 

 

看護の質を高めるコミュニケーション講座
Check!
看護師なら身に付けたいコミュニケーションスキル
3つのステップで信頼できる自分と、信頼される自分をつくる
トラストコーチングスクール
Step

自分を信頼できるコミュニケーション

 自分を信頼出来なければ、人との信頼関係を築くことも、人の目標をサポートするコーチングもできません。

あなたは自分のことを大切に出来ていますか?

人にやさしく、思いやりのある行動を生むのは、自分をどれだけ大切にできているか、なのかもしれません。

看護師は、プロとして時に厳しさも必要です。

とはいえ、普段自分とどんな対話をしているか?が看護の質に大きく影響を与えています。

もし、今よりもっと自分を信頼できていたら、今と何が変わるでしょうか。

 

Step
2

人から信頼されるコミュニケーション

自分を信頼出来なければ、人との信頼関係を築くことは困難です。

あなたは人から、どんな人だと思われたいですか?

また、周りの人たちからはどんな人だと言われているでしょうか。

普段、何気なく当たり前に行っている看護=人とのコミュニケーションを見直し、人から信頼を得るコミュニケーションスキルを身につけます。

 

Step
3

人を応援できるコミュニケーション

応援とは、がんばれ!とか応援してるよ!と伝えることだけではありません。

ここで言う「応援する」とは、人の自己実現や目標達成をサポートすること。

看護とは、患者さんの治癒や自律をサポートしながら、その人らしい暮らしや生き方ができるよう応援することではないでしょうか。

とはいえ、人手不足で常々忙しい看護の現場で、実践するのはなかなか難しいとの声は絶えません。

ですが、1→3のステップを踏むことで、質の高いコミュニケーションを身につけられ、より質の高い看護に繋げられるはずです。

お気軽にご連絡ください
090-7770-8854 090-7770-8854
ruriko.srsw@gmail.com

担当コーチ

コーチングサロンS.Witch 代表 

パーソナルコーチ 白澤るり子

 

看護師歴20年以上。一般外科・循環器心臓外科・透析看護、内科クリニックを経験。総合病院に在職中にコーチングに出会う。現在は、医療看護にコーチングを届けるべく、看護師の傍らTCS認定コーチとして活動している。

山口県下関市在住。2児の母。

趣味はフラダンス。最近は韓国ドラマにもハマっています!

 

看護師

トラストコーチングスクール認定コーチ

マザーズコーチングスクール認定講師

 

original
Access

アクセス情報のページにてコーチングの講座を開催している地域をご覧いただけます

概要

店舗名 S.Witch
住所 山口県下関市
電話番号 090-7770-8854
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
最寄り 山口を中心にオンラインで全国対応可能

アクセス

マザーズコーチングスクール(MCS)・トラストコーチングスクール(TCS)ともに山口県や福岡市で開催している他、Zoom・Skypeをご利用いただいてのオンライン受講もできます。拠点についてはアクセス情報にてご確認いただけます。
こんな方にオススメ!

看護の質を高めるコミュニケーション講座

・心の通うコミュニケーションを心がけている

・業務が忙しくて思うような看護が出来ていない

・患者さんとのコミュニケーションは得意だが、

 スタッフ同士や他職種とのコミュニケーションは難しい

・看護の質をもっと高めたい

・理想の看護をしたい   など

 

コーチングは「教える技術」ではありません。

目の前の人の自己実現や目標達成をサポートするための、コミュニケーション技術です。

 

看護を行う私たち看護師の在り方ひとつで、看護の質を高めることも下げることもできます。

あなたもぜひ、TCSでコミュニケーションを学びませんか?

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事